お知らせ

新型コロナウイルス感染防止対策ガイドラインについて

投稿日:

当センターは,公益事業の実施と新型コロナウイルス感染症拡大防止の調和を図る観点から,新型コロナウイルス感染防止対策ガイドラインを定め,各支部及び相談所が所在する地域の実情に応じて,次のような措置を講じます。
なお,本ガイドラインの内容は,今後の新型コロナウイルス感染症対策本部における,新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく「基本的対処方針」のほか,新型コロナウイルスの感染の動向や専門家の知見等を踏まえ,必要に応じて適宜改訂を行います。

1 感染防止のための対策
(1) 3つの「密」(換気の悪い密室空間/大勢が居る密集場所/間近で会話する密接場所)の状態が発生しないようにすること。例えば,利用者の待機スペースでは着席できる椅子を間引く等により利用者間の距離を保つようにする,窓を開け,エアコンの換気機能を利用する等により室内の換気を行うようにする,対話をする際には一定以上の距離を保つよう心がける等。
(2) 利用者と当センター関係者が対面する際に飛沫感染しないよう,当センター関係者のマスクやフェイスシールド等の着用を徹底するとともに,当センターの施設内へのアクリル板や透明のビニールシートの設置等による防護措置を講じるよう努めること。
(3) 他者と共有する部分や物品は最小限に留め,それらの使用後には消毒に努めること。
(4) 書籍販売や書類受付等物品の授受を行う際は,コイントレイを使用する,一旦,物品をカウンターに置いて授受を行う等により,直接手が触れあわないようにすること。
(5) 当センター関係者及び利用者が,発熱の症状や嗅覚・味覚の違和感等の体調不良を自覚する場合や,感染者との濃厚接触の可能性がある場合には,当センターへの来所自粛又は当センターからの退所を要請すること。
(6) 当センター関係者はこまめな手洗い,うがい及び手指のアルコール消毒を行い,利用者に対してもこれらの励行を依頼すること。
(4) 当センター関係者はマスクを着用することとし,利用者に対してもマスクの着用を依頼する。場合により備品のマスクを提供することにより当センターにおけるマスクの着用を徹底すること。

2 感染者が確認された場合の対応
(1) 速やかに,保健所,医療機関並びに各支部又は相談所所在する建物の所有者等及び当センター本部に連絡し,その指示に従い,消毒等を行うこと。
(2) 相談所の閉鎖は,所在する地域の実情に応じて,各支部において判断すること。
(3) 感染者の情報は,人権に配慮し,適正かつ厳格に取り扱うこと。

3 その他
当センターは,政府や各地方自治体からの発表・要請,専門家会議の提言及び各地域における感染拡大状況等の最新の情報を踏まえ,各支部において具体的な措置を適切に講じるものとする。


以上

-お知らせ

Copyright© 公益財団法人 日弁連交通事故相談センター , 2020 All Rights Reserved.